西山翠嶂《女役者》その2

(1からの続き)

では、実際に私が見つけてきた資料等を見ていただきたいと思います。

IMG_20170808_160609DSCN2455

左が歴彩館にてコピーさせていただいた、高島屋『現代名家風俗画集』の翠嶂のページ。右が当館所蔵の《女役者》。

比較してみると本当によく似ているのですが、決定的に違うのが、背景の幕の紋、そして印章(落款、つまり署名のところに押されている印鑑)です。まったく別の作品です。お恥ずかしながら、最初この図録を手にしたときは完全に「おお一緒だ一緒だ」と思っており、「あれっ…え…うそ…違う…?」と気づくまでに3~4日かかりました。思い込みとはかように怖いものです。落丁に気づいたとき以上の驚きが私を包みました。こちらもお察しいただければ幸いです。

 

では当館の作品はニセモノなのか?という疑問がわいてきてしまいますが、近代の日本画の世界では展覧会に出したものを画家自身がコピーすることは結構多く見られます。例えば当館所蔵の北野恒富の《阿波踊り》、榊原紫峰の《獅子》なども展覧会に出したものを縮小して描いたものです。おそらく、求めに応じて描いたのでしょう。

 

驚愕の発見の日から自分を納得させること数ヶ月、先日また別の資料を手にすることができました。西山翠嶂が自ら3年かけて発行した『翠嶂作品集』(西山翠嶂著、瑠璃社、大正10(1921)年)です。

IMG_20170808_153715DSCN2455

左は、《翠嶂作品集》に収録されていた女役者(木版)です。こちらは幕の紋も印鑑の形もほぼ一致。色や紋の微妙な部分が違うのは、木版で完全なコピーではないことが原因です。違う紋を背負う2つの《女役者》が翠嶂の手によって描かれたことは間違いないと、資料でも証明されました。

この《翠嶂作品集》は、帝展出品作などの力作を収録していることから、こちらの《女役者》も、翠嶂にとってまずまずの自信作だったと見られます。なんとなく一安心。

 

さて、では、描かれた女役者とはいったい誰なのか。この疑問も現在まだ回答が出ておりません。はじめ私は、紋があるということは、特定の誰であるか当時見る人が見ればわかったのだろうと想像していました。しかし2作品でまったく紋を変えてしまったという事実がここで判明しました。誰であるのかは問題ではなかったということになるのでしょうか。もう少し、演劇史のほうを調べる必要があるかもしれません。

 

結局、わかったことは以下の2点。

1つめは、翠嶂は高島屋の展覧会に出品したものと、『翠嶂作品集』に掲載したもの、少なくとも2つの《女役者》を描いたということ。

そして2つめは、当館の作品は『翠嶂作品集』に掲載された《女役者》であること。

 

調べていくうちにかえって疑問点も増えました。でも研究や調査とは、きっとそんなもの。簡単にはいかないということを改めて思い知らされました。

 

このように学芸員の喜び悲しみを織り交ぜて調査中の翠嶂作品は、2018年の秋に西山翠嶂展の中でご紹介する予定です。ご興味を持っていただけますと大変うれしく存じます。

 

主要参考文献

高木多喜男「西山翠嶂の人と画業に関する基礎調査(年譜私案)」『京都文化博物館紀要 朱雀』第5集、1992年

『現代名家風俗画集』、高島屋飯田呉服貿易店 発行、1912年

西山翠嶂『翠嶂作品集』、瑠璃社 発行、1921年

『京都府百年の年表 8 美術工芸編』京都府立総合資料館 編、京都府 発行、1970年

※本記事での図版の掲載にあたり、京都府立京都学・歴彩館様と高島屋史料館様にご協力をいただきました。感謝申し上げます。

森下麻衣子

 

西山翠嶂《女役者》その1

今回は、当館所蔵の西山翠嶂作品《女役者》についてお話しいたします。しかしこれは皆様に作品解説をしようという記事ではございません。ただ、話を聞いていただきたい、そんな気持ちをつづってみました。長いです。

DSCN2455

大きな紋の入った幕の前に立つ女性。着崩した格子柄の着物、余裕のあるしぐさが非常にかっこいいですね。作者自身がつけた「女役者」というタイトルが示すとおり、おそらくこの人は女性の歌舞伎役者でしょう。現在、歌舞伎を演じるのは男性のみですが、江戸時代末から大正時代の頃にかけて、女性も演じており、彼女たちは女役者と呼ばれていたのです。女団州と呼ばれた市川粂八などが最も有名でしょうか。粂八は鏑木清方によって肖像が描かれていますので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

さて、彼女が誰で、この絵がいつ頃描かれたものなのかを考える前に、作者についてお話しておきたいと思います。

描いた西山翠嶂(1879-1958)は、竹内栖鳳の高弟で、娘婿でもありました。一時期、洋画家 浅井忠にも師事し、人物デッサンを学びました。風景や動植物が多い栖鳳と違い、人物画の大作を多く描き、文展や帝展などに出品しています。大正から昭和にかけて重鎮として京都の画壇を支え、自身が主宰する画塾・青甲社からは、秋野不矩・上村松篁、中村大三郎ら重要な画家を輩出しています。

そんな翠嶂ですが、落款や印章などのデータの蓄積はまだ多くはなく、文展・帝展に出品した代表作以外は年代の特定などが難しいのが現状です。この絵について調べたいと思ったとき、どうすればいいのか。まずやはり先人の研究に頼るほかありません。

幸いにも、高木多喜夫氏が研究成果として「西山翠嶂の人と画業に関する基礎調査(年譜私案)」(『京都文化博物館研究紀要「朱雀」第5集』、1992年発行)を残されています。これは、図書や雑誌ほか膨大な資料を丹念に整理されたもので、私は翠嶂を調べる上でこれをいつも頼りにしています。その中に、見逃せない箇所がありました。

 

明治45(1912)年6月1日、(翠嶂)33歳 女役者 現代名家風俗画集(高島屋飯田橋呉服貿易店 明治45(1912)年6月5日)に掲載。京都高島屋呉服店の新築落成記念現代名家風俗画展に出品。出典『高島屋美術部五十年史』(掲載にあたり、年号の表記など適宜変えました)

 

これを見つけた私はひそかに大喜びしました。当館の《女役者》は高島屋の展覧会に出たものだと確信して…。作品の出品歴がわかると何がよいかといいますと、素性がわかるということももちろん、やはり展覧会に出すということはそれだけ力を入れて描いているという想像もできるわけで、その力作に画家がどのような苦心・工夫をしたのか、調べがいも出てくるのです。また別の本を参照すると、この展覧会には栖鳳の名画《アレ夕立に》も特別に陳列されていた、という興味深い事実もわかりました。

調べで「現代名家風俗画展」の明治45年当時の図録が図書館や資料館に残されているとわかってさらに有頂天になった私は、資料を保存している図書館に突撃しました。

とある図書館へ飛び込んでカウンターで恐る恐る「すいません、『現代名家風俗画集』を見せてください」とお願いし(貴重書なので開架ではないのですね)、司書の方から本を手渡され、私はドキドキしながら年月の蓄積を感じるその本のページを丁寧にめくりました。そして…

 

「あれ?ない…ないよ…?」

 

そう、あろうことか落丁です。それも翠嶂のページだけが。なんとも驚くことではありませんか。私の落胆をお察しいただければ幸いです。

そして次の機会を求めて待つこと数ヶ月。オープンしたての京都府立京都学・歴彩館にて、とうとう図録を手にすることができました。そして、確認することができたのです。

 

当館の《女役者》は高島屋呉服店現代名家風俗画展出品の《女役者》ではないということを…。

 

続きます。

森下麻衣子

夏の珍客

暑い日が続いています。皆様いかがお過ごしでしょうか。
いつもは植物がメインの遊歩道のご紹介ですが、今回のテーマは虫です。

IMG_20170711_132827
野生のミヤマクワガタがあらわれた!

 

学芸の本棚の上に乗せられたところ。もちろん事務所に単身で侵入してきたのではなく、遊歩道を歩いていた警備課の人が捕まえて自慢しに連れてきたのです。

IMG_20170711_132300

都会っ子学芸Tの手の上でなついている(ように見える)ミヤマクワガタ。

私も手に乗せさせてもらいました。かわいかったです。あまり触っていると情が移るのでほどほどにしましたが。
彼のおかげでひととき事務所が(というより学芸員数名が)活気づきました。
クワガタの前ではみんな心が少年少女に戻る。そう確信した、とある夏の日でした。

部屋とワンちゃんと龍子

当館所蔵の川端龍子(かわばた りゅうし、1885~1966)筆《春椽愛狗図》に関して、ちょっと面白いことがわかりました。
20160408-1春緑愛狗図   川端龍子 
梅の咲く季節、可愛い犬が縁側に前足をかけて、こちらを見ています。春の初め、あたたかくなってきて散歩に行きたいのかもしれませんね。

実物は結構大きな絵で、縦は140センチ、横は70センチを越えます。作者の川端龍子は、「会場芸術」を主張して、展覧会映えのする大きな絵をよく描いていましたので、このように日常のちょっとした光景を描いた作品でも、これだけ大きな作品に仕立てています。

この作品について、龍子の身の回りの光景を描いたものだろうという漠然とした見方しかこれまでできていなかったのですが、先日、大田区立龍子記念館の学芸員の木村拓也さんにお話をうかがう機会があり、描かれているのはどうやら龍子のアトリエの縁側であるらしいとわかってきました。
20160408-2
大田区立龍子記念館の隣には龍子のアトリエと庭が今も残っています。
ちょうど、作品と同じように、梅の花咲く時期にお邪魔しました。(許可を得て撮影しました)
完全に、とまでは言いませんが、梅の木の場所がほぼ一致です。アセビの場所が変わっていますね。植え替えられているかもしれませんし、もしかしたら龍子が絵の構図上おさまりのいい場所に描いたのかもしれませんね。

このアトリエの縁側が、今の一般的な縁側より少し高めであることも、行ってみてわかりました。普通の縁側から見た光景にしては、樹木の高さが合わない…と思っていましたが、なるほどそれならこの画面も無理ではない、と考えることができます。

犬がまるで目の高さにいるように思いますが(当館の学芸の中でも塀に足をかけていると思っていた人もいました)龍子はこのアトリエの床に絵絹をおいて座り、下を向いて絵を描いていることが多かったようです。絵を描いているときにふと目を縁側にやると、飼っている犬が、こちらを見ているのに気づいた、というところではないでしょうか?と木村さんからご意見をいただきました。なるほど!

でも不思議に思うのが、この縁側だけは上から見たように見えるんですよね。やけに幅が広いなと。
龍子は、幻想と現実が入り混じったような絵画を描くことも多々あります。実際どう見えるかよりも、着想をはやく絵にすることを重視していたように思うのです。もしかしたら、視点が現実と違ったからといって、気に留めるところではなかったのではないでしょうか?

ちなみに、これは、昭和16年春の青龍展(龍子が主催していた展覧会)に出品された作品であることが残された資料から分かっています。すでに軍靴の音が聞こえていた時代ですね。龍子は、戦争をテーマにしたダイナミックな作品も描いていますが、それとは真逆ともいえるような、花鳥風月をテーマとした優しい作品も描いており、春の青龍展には、毎年そのような傾向の作品を出していたのだそう。

龍子は、意外にも実際には自宅の庭にある植物や動物を見て絵にすることが多かったようです。龍子記念館に行けば、作品もさることながら、その元ネタであるアトリエとお庭も見ることができます。毎日3回ツアーがあります!私が行った時期は庭の池にいるカエルたち(結構大きい)が子犬のようにクゥクゥ鳴いていました…かわいかったです。

4月19日からは、また企画展が開催され、当館の子とは違うワンちゃんを描いた作品が出品されるようです。龍子の作品は大きくて迫力があるし、思いもよらないような幻想の世界を見る事が出来るので、楽しいですよ!詳しくは大田区立龍子記念館のHPにて。
http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/ryushi/tabid/218/Default.aspx
プレスリリースでは犬が描かれた作品の画像を見ることができます↓
http://www.ota-bunka.or.jp/Portals/0/images/facilities/ryushi/latest_exhibition/press_kusagami.pdf

この記事を書こう書こうと思いながらはや一ヶ月半。もう梅の季節は過ぎて桜が咲いて散りそうです。今年度は早め早めに行動を心がけたいものです。

ちなみにブログ記事のタイトルは平松愛理の「部屋とYシャツと私」に寄せてみたのですが気づいていただけましたでしょうか。どうでもいいかもしれませんが割と真剣に考えたので念のためお伝えしておきます。

森下麻衣子

島根県立石見美術館で、「こどもとファッション 小さな人たちへのまなざしの歴史」展が開催中です!

2月27日から、島根県立石見美術館にて、「こどもとファッション 小さな人たちへのまなざしの歴史」展が開催されています。

18世紀後半にはじまるヨーロッパのこども服の歴史、そして明治以降の日本で和装から洋装に変化していくこども服の過程を紹介する展示です。

くわしくは展覧会の特設ページで!
http://www.grandtoit.jp/museum/exhibition/special/kodomo/index.html

当時実際着られていたであろうかわいい子供服のほか、絵画や写真にあらわれるこどもの装いも見ることが出来ます。

当館の作品も2点展示されています。
20160304-1
《曲芸》 千種  掃雲

20160304-2
《椅子によれる子供》 森  守明

《曲芸》は綱渡りをする女の子のお化粧や衣装、表情も見どころですが、綱渡りを見ているお客さんの様子もとても生き生きと描かれています。《椅子によれる子供》も、服や手にしているバスケットの質感がとても真に迫っていますし、何より描かれた子のまなざしがとても印象的な素敵な絵ですよ。2点とも大好きな作品なので、是非みなさんに見ていただきたいです。

20160304-3
会場風景。手前のケースに入っているのは引き札でしょうか?色々なものが見られそう。(これらの写真は、島根県立石見美術館様にご提供いただきました)

私はまだお訪ねできていないのですが、是非見に行きたいな~と思っています。

4月11日までの展示でーす!

森下麻衣子

名古屋 美術館めぐり②

前回の記事に続いて、名古屋の美術館に行った感想です。
「展覧会の紹介なのに記事にするのが遅すぎる」という(内部からの)野次が飛んできています。
私もまったくもってそう思います。この記事で紹介させていただく展覧会、一ヶ月以上前に終わってますからね。我ながらひどいもんですよ。でも書きますよぉ!

「芸術植物園」、こちらは10月3日まで愛知県美術館にて開催されていた展覧会です。

図録も素敵!フォントやイラストがおしゃれだ~。

ブロ原稿20151105 名古屋 美術館めぐり㈪−1ブログ原稿20151105 名古屋 美術館めぐり㈪−2
このページにある、ロバート・ジョン・ソーントン編《フローラの神殿》(町田国際版画美術館蔵)を一度見てみたかったのです。これは、博物学者リンネの植物の分類学に感銘を受けたソーントンが編集して世に出した植物図版集です。1798~1807年に初版が刊行されました。
植物の姿は博物学的知識に忠実に描かれていますが、背景(そもそも背景がある植物画も珍しいのですが)は古城や異国風の建物など、その植物が生えている環境とはほぼ無関係な場面。キューピッドがいる絵もあります。これらの絵には植物学的な解説に加えてその植物にまつわる神話や詩もついていたとのこと。学問と幻想の融合ですね。いくら見ても見飽きない、この美しい豪華な図版集を当時手にすることができた人は幸せだっただろうと思います。ウィキペディアで調べた限りですと、ソーントン自身は出版の資金繰りに苦労した上に破産して極貧の中亡くなったようですが。
展示では、壁一面にこれらがずらーっと並んでいました。一枚一枚が結構大きくて迫力ありました。見ることができて本当によかったです。

ブログ原稿20151105 名古屋 美術館めぐり㈪−3
こちら私は初めて知りましたが、五百城文哉(いおきぶんさい)という画家が描いた明治期の作品《百花百草図》(栃木県立美術館蔵)。縦140センチを越える大きな作品です。この生々しい風景や植物を描いた作品が、油絵ではなく、絹地に水彩で描かれています。軸装されている作品です。こんな絵が描かれていたなんて、明治という時代は奥が深いなぁと思いました。小杉放庵記念日光美術館で今まで何度かこの画家の展覧会を開催していらっしゃるようですね。

他にも、現代の作家の方の作品、古い植物図譜、日本画洋画、ありとあらゆる植物の芸術があっていろんな刺激があり、最初から最後までずっと楽しかったです!見終わったときはまるで植物園の中を歩いた後のようなすがすがしさ。

展示室を出ると、こんなかわいらしいスペースがあって、
ブログ原稿20151105 名古屋 美術館めぐり㈪−4
色々な参加型のプログラムが用意されていました。
大人もOKとのことでしたので、せっかくなので参加させていただきました。

ブログ原稿20151105 名古屋 美術館めぐり㈪−5
色々な素材を組み合わせて、自分で架空の植物を作る「新種植物押葉記録」。
自由に作っていいにも関わらず、いわゆるお花のかたちから抜け出ることができず…私の頭からはこれが限界でした。植物名「ホウショクノジダイデス」、一応食虫植物で手に似た葉で積極的に虫を捕まえるという設定です。名前に特に意味はありません。適当につけました。

強行軍での美術鑑賞とはなりましたが、この2つの展覧会から、とてもいい刺激いただきました。遅筆なのでブログでのご紹介がいつも遅れるのですが、今後もここでこっそり色々展覧会を紹介させていただきますね。

それでは!

名古屋 美術館めぐり①

1ヶ月も前の美術館鑑賞についての報告を今するのも…といった感じなのですが、名古屋にある徳川美術館と愛知県美術館に行きました。

1つめにご紹介するのは現在徳川美術館で開催されている「茶の湯の名品」展。
大学院時代の後輩が「初めて担当した展覧会が始まった」と連絡してきてくれたので、それは見に行かないといけないよな、と思いまして(義理堅い性格ゆえに)、お邪魔してきました。

結論から言って、とっても見ごたえのある素晴らしい展示でした。
まず目に入るのが「君台観左右帳記(くんたいかんそうちょうき)」。室町時代の、お茶席等の会所の飾り方を書いたものです。これにより、室町時代の美意識がわかります。「わび」「さび」など、簡素な印象がある室町のお茶の世界ですが、結構もりだくさんに色々飾っていたんですよ。
今回、第一室はできるだけ「君台観左右帳記」の飾り方にならって展示したとのこと。なので、貴重な台(作品)の上にこれまた貴重なお茶碗をおく、なんてところも見られるのです。とっても雰囲気のある展示になっています。
展示方法もひっくるめて徳川美術館の魅力なんですね。

ブログ原稿20151104名古屋 美術館めぐり㈰ 画像1
こちらは図録。表紙のような展示が本当に見られます!

歴代の将軍が好んだお茶道具をその人ごと並べて展示する部屋もあり、私のようにお茶の世界になじみの無い人間にもとても親しみやすい展示でした。
なにより後輩が頑張っている姿にとても元気づけられました。先輩も頑張るわ…今休館中だけど。
こちら、11月8日までの展示となっています。お近くの方もそうでない方も是非!

余談ですが、後輩と会ってお話する時間があまりなくて、肝心なことを言い忘れました。
最近、「刀剣乱舞(通称とうらぶ)」という刀を擬人化したシミュレーションゲームに徳川美術館の所蔵の日本刀「鯰尾藤四郎」が出ているのですが、私はそれがうらやましくてならない。
「所蔵作品がイケメンに擬人化されてしかもそれに人気声優が声をあてるなんていーなーっ!」…先輩としてこのことを本当は伝えたかった。
…まさか刀が擬人化されてゲームになるとはな~。うらやましぃぃいーっ!きーっ!

 

名古屋美術館めぐり②愛知県美術館編に続く!!

「一宮の文人 野村一志と土田麦僊をめぐる画家たち」展が開催中です

愛知県の一宮市三岸節子記念美術館にて、「一宮の文人 野村一志(いっし)と土田麦僊をめぐる画家たち」展が開催されています。当館所蔵の土田麦僊作品、書簡類も出品されていますよ。
20151023 画像1

とても心惹かれる展覧会だったので行ってきました!

展覧会名にある、野村一志とは誰ぞや?という方もいらっしゃるかと思います。
彼は、愛知県一宮に、明治から昭和にかけてお住いだった呉服商さんです。そして、自ら俳句をたしなむ風流人でした。
彼は土田麦僊をはじめとする画家たちと多く交流しました。この展覧会は、彼らの交流によって育まれた芸術を、作品と書簡で紹介するというもの。
作品が生まれたとき、画家たちがどんな人たちと何を考えていたか、何を見たのか。ともすれば見落としてしまう、画家の生身の人間としての部分をダイレクトに感じられる展示です。是非多くの方に見ていただきたいです。

小野竹喬《海島》(笠岡市立竹喬美術館蔵)などの見ごたえのある大作も圧巻でしたし、一宮にかつてあった大きな芥子畑に、麦僊や福田平八郎ら多くの画家たちが訪れた、というエピソードとともに紹介された芥子の作品もとても興味深かったです。今はないというその花畑にしばし思いを馳せました。どんな景色だったんだろな?

そして書簡。
土田麦僊、石崎光瑤、吹田草牧ら、画家たちの書簡の数々が展示してありました。並べて見ると画家の個性が見えて楽しいです。全部保管していたなんて、一志は本当に几帳面な方です。

ちなみに、麦僊からの手紙が一番多くて、その数なんと292通(今回は一部を展示)!これらを保管していた一志の几帳面さもさることながら、送る麦僊の筆まめさにも驚きです。麦僊は結構話を聞いてもらいたいタイプの人だったのでしょうか?もしも麦僊にスマホを持たせたら大変かもしれません。LINEでメッセージをものすごい勢いで送ってくる麦僊を想像してしまう。
でも、それだけの書簡を大切に残していたのも、一志が麦僊との交流を誇りにしていたからこそ。これらの書簡のうち262通、そして書簡を書き写したノート(!)4冊は縁あって当館が所蔵しておりますが、今後も大切に保管していかねばと思います。

展覧会に出ている当館所蔵の作品は、前半(10月3日~11月1日)は《雪旦図》《雛之図》の2点。
20151023 画像2
↑展示状況。(許可をいただいて撮影いたしました)

後半(11月3日~11月23日)は《獅子図》《蓮花》の2点が出品されます。
20151023 画像3 20151023 画像4

余談ですがこの《獅子》、京都の養源院にある、俵屋宗達が描いた板絵の獅子にポーズがよく似ています。実物を見てまねしたのかな?

何はともあれ、お近くの方もそうでない方も、「一宮の文人 野村一志と土田麦僊をめぐる画家たち」展をどうぞご覧ください!

一宮市三岸節子記念美術館
一宮の文人 野村一志と土田麦僊をめぐる画家たち
前期 2015年10月3日~11月1日
後期 2015年11月3日~11月23日

「碧南市藤井達吉現代美術館で竹内栖鳳展が開催中です!」

4月14日から、愛知県の碧南市藤井達吉現代美術館で「生誕150年 竹内栖鳳」展が開催中です。
実は今回は、展示替えの最中の会場にお邪魔させていただくことができ、
スタッフの皆さんが一丸となって会場作りに取り組んでいるのを拝見しました。
1回の来館でご満足いただけるよう、できるだけたくさん作品を展示した、とのことです。とはいえ、とてもすっきりとして、居心地のよい空間となっています。

以下、内覧会のときの会場の様子をご紹介します。(掲載写真は碧南市藤井達吉現代美術館の許可を受けています。)
20150417-01
会場入り口で、栖鳳展のアイドル(と私は思っている)小春ちゃんが
ライトを浴びてお出迎え。

20150417-02
きれいなクリーム色の展示ケースの中には襖がズラリ(写真右)。

20150417-03
《羅馬之図》は「西洋との対決」というセクションで展示。
こちらは展示替えがあります(六曲一双屏風のうち、
左隻:4月14日(火)~5月10日(日)、右隻:5月12日(火)~6月7日(日))。

20150417-04
113年ぶりの公開となった《スエズ景色》の前では、「これがあのニュースの…」
というつぶやき声が。

20150417-05のコピー
今回、「動物園コーナー」とでも言うべき一部屋があり、栖鳳の描いた動物が大集合しています。そんな中に、渡欧前の「棲鳳」時代と渡欧後の「栖鳳」時代の虎2作品を並べた場所が。比較してみると面白いですね。

これ以外にも、工芸作品や、栖鳳の画業では稀少な、人物を描いた作品・資料をも取り揃えて展示してありますよ。栖鳳の画業を見渡すことのできる、見ごたえのある展覧会です。6月7日(日)まで開催しています。是非、たくさんの方にご覧いただきたいと思います!

 

森下麻衣子

ガクブチつくり

「掛け軸とか巻物とか展示できるガクブチ作って。それから購入予算はないから、今ある材料でよろしく。」

休館中の美術館の工房に、学芸の森下さんからこのような依頼が舞い込んできました。

依頼主の希望する寸法を聞いて、だいたいのイメージが出来たら、工作に取り掛かります。
今回は余った木を材料に、丸鋸と電動カンナを使ってガクブチを作ることにしました。20150407ガクブチ作り (1)
電動カンナ(右の機械)で木の表面を削ってきれいにして、

20150407ガクブチ作り (2)
ガクブチに加工するための溝を掘りました。

20150407ガクブチ作り (3)20150407ガクブチ作り (4)
丸鋸(ピンクの機械)を使って端を45度で切り、

20150407ガクブチ作り (8)
角をビスで留めて組み立てます。

20150407ガクブチ作り (7)
表と裏に、いつも使っているガクブチを分解してはめると、

20150407ガクブチ作り (6)
立体ガクブチのできあがり。

このあとは、壁色に合わせてペンキを塗ります。
これで、展示ケースがないところにでも掛け軸や絵巻物を展示する事が出来ます。

うみひこ

うみひこさんへ
便利で素敵なガクブチを作ってくださってありがとうございました。
でも、私あんな言い方しましたっけ? すいませんねえ。

森下麻衣子より