講演会「中国版画研究の現在」YouTubeにアップしました!

さてこのたび、2023年5月27日・28日に行いました「蘇州版画の光芒 国際都市に華ひらいた民衆芸術」記念講演会:「中国版画研究の現在」の全講演をYouTubeにアップしました。

どうぞご興味ある講演に下のリンクからお入りください。

さち

Technique as a Cultural Form: Making “Xiyang” in Suzhou Prints
Yu-chih LAI
Academia Sinica

Technique as a Cultural Form: Making “Xiyang” in Suzhou Prints
Yu-chih LAI
Academia Sinica

作为文化形式的技术:苏州版画中的“ 西洋”塑造
赖毓芝
中央研究

作为文化形式的技术:苏州版画中的“ 西洋”塑造
赖毓芝
中央研究院

文化形式としての技法:蘇州版画における「西洋」の制作について
賴毓芝
中央研究院

文化形式としての技法:蘇州版画における「西洋」の制作について
賴毓芝
中央研究院

Exploring the Jesuit Role in Early Qing Suzhou Prints
Anita Xiaoming WANG
Birmingham City University

Exploring the Jesuit Role in Early Qing Suzhou Prints
Anita Xiaoming WANG
Birmingham City University

探讨清初苏州版画中耶稣会所发挥之作用
Anita Xiaoming WANG
伯明翰城市大学

探讨清初苏州版画中耶稣会所发挥之作用
Anita Xiaoming WANG
伯明翰城市大学

清初期の蘇州版画におけるイエズス会の役割についての考察
アニータ・シャオミン・ワン
バーミンガム・シティ大学

清初期の蘇州版画におけるイエズス会の役割についての考察
アニータ・シャオミン・ワン
バーミンガム・シティ大学

Investigating the Origins of Eighteenth-century “Still-life” Prints in Painting
Anne FARRER
Sotheby’s Institute of Art – London,Center for Chinese Visual Studies, China Academy of Art, Hangzhou,and Muban Educational Trust

Investigating the Origins of Eighteenth-century “Still-life” Prints in Painting
Anne FARRER
Sotheby’s Institute of Art – London,Center for Chinese Visual Studies, China Academy of Art, Hangzhou,and Muban Educational Trust

自绘画中探查十八世纪“静物画”版画之起源
Anne FARRER
伦敦苏富比艺术学院,中国美术学院・杭州,木版教育信托

自绘画中探查十八世纪“静物画”版画之起源
Anne FARRER
伦敦苏富比艺术学院,中国美术学院・杭州,木版教育信托

18世紀の「静物画」版画の起源を絵画で探る
アン・ファーラー
サザビーズ美術カレッジ・ロンドン、中国美術学院・杭州、木版教育基金

18世紀の「静物画」版画の起源を絵画で探る
アン・ファーラー
サザビーズ美術カレッジ・ロンドン、中国美術学院・杭州、木版教育基金

Western Palaces and Suzhou Prints
Lucie OLIVOVA
Masaryk University

Western Palaces and Suzhou Prints
Lucie OLIVOVA
Masaryk University

西方宫殿与苏州版画
Lucie OLIVOVA
马萨里克大学

西方宫殿与苏州版画
Lucie OLIVOVA
马萨里克大学

西洋宮殿と蘇州版画
ルーシー・オリボバ
マサリク大学

西洋宮殿と蘇州版画
ルーシー・オリボバ
マサリク大学

Chinese Prints in Leykam Room
XiaoFei LI
Chinese National Academy of Arts

Chinese Prints in Leykam Room
XiaoFei LI
Chinese National Academy of Arts

关于莱凯厅中国版画
李啸非
中国艺术研究院

关于莱凯厅中国版画
李啸非
中国艺术研究院

レイカムの間の中国版画
李嘯非
中国芸術研究院

レイカムの間の中国版画
李嘯非
中国芸術研究院

Single-sheet Prints of the Northern Song Dynasty and the Beginnings of Reproduction Pictures
Kobayashi Hiromitsu
Honorary Professor, Sophia University

Single-sheet Prints of the Northern Song Dynasty and the Beginnings of Reproduction Pictures
Kobayashi Hiromitsu
Honorary Professor, Sophia University

北宋时期的单幅版画与复制画的开端
小林宏光
上智大学名誉教授

北宋时期的单幅版画与复制画的开端
小林宏光
上智大学名誉教授

北宋時代の一枚摺版画と複製絵画のはじまり
小林宏光
上智大学名誉教授

北宋時代の一枚摺版画と複製絵画のはじまり
小林宏光
上智大学名誉教授

Suzhou and Hangzhou – Looking at Suzhou Prints from the Development of Urban Imagery
Itakura Masaaki
Institute for Advanced Studies on Asia, Tokyo University

Suzhou and Hangzhou – Looking at Suzhou Prints from the Development of Urban Imagery
Itakura Masaaki
Institute for Advanced Studies on Asia, Tokyo University

从城市图发展的观点所见的苏州版画─以苏州和杭州为例
板仓圣哲
东京大学东洋文化研究所

从城市图发展的观点所见的苏州版画─以苏州和杭州为例
板仓圣哲
东京大学东洋文化研究所

蘇州と杭州、都市図の展開から見た蘇州版画
板倉聖哲
東京大学東洋文化研究所

蘇州と杭州、都市図の展開から見た蘇州版画
板倉聖哲
東京大学東洋文化研究所

Literary Tales and Chinese Prints
Ōki Yasushi
Institute for Advanced Studies on Asia, University of Tokyo

Literary Tales and Chinese Prints
Ōki Yasushi
Institute for Advanced Studies on Asia, University of Tokyo

故事与中国版画
大木康
东京大学东洋文化研究所

故事与中国版画
大木康
东京大学东洋文化研究所

物語と中国版画
大木康
東京大学東洋文化研究所

物語と中国版画
大木康
東京大学東洋文化研究所

Posters from the Republic of China as the Descendants of Chinese Prints — Centering on Succession and Changes in Tradition
Tajima Natsuko
Ome Municipal Museum of Art

Posters from the Republic of China as the Descendants of Chinese Prints — Centering on Succession and Changes in Tradition
Tajima Natsuko
Ome Municipal Museum of Art

民国时期海报里的中国版画复兴─以传统的继承与变化为中心
田岛奈都子
青梅市立美术馆

民国时期海报里的中国版画复兴─以传统的继承与变化为中心
田岛奈都子
青梅市立美术馆

中国版画の末裔としての民国期ポスター~伝統の継承と変容を中心として~
田島奈都子
青梅市立美術館

中国版画の末裔としての民国期ポスター~伝統の継承と変容を中心として~
田島奈都子
青梅市立美術館

The Transmission of Chinese Prints to Japan
Aoki Takayuki
Umi-Mori Art Museum

The Transmission of Chinese Prints to Japan
Aoki Takayuki
Umi-Mori Art Museum

中国版画在日本的流传
青木隆幸
海杜美术馆

中国版画在日本的流传
青木隆幸
海杜美术馆

中国版画の日本伝来
青木隆幸
海の見える杜美術館

中国版画の日本伝来
青木隆幸
海の見える杜美術館

夏休みワークショップ 版画を作ろう!

「蘇州版画の光芒 国際都市に華ひらいた民衆芸術」展
夏休みワークショップ

版画を作ろう!

デジタル全盛の時代ではありますが、アナログの美しさ、版画を作るという手作業の面白さを体験してください。

日 時:8月12日(土)10:30~12:30 
会 場:美術館多目的ルーム
集合場所:美術館受付
対象:小学5年生以上
定員:5名(先着順・要申込)
参加費:500円(材料実費。入館料別途必要)
講 師:Akie(イラストレーター・武蔵野美術大学卒業)
備考:小学生が参加の場合は保護者の方の同伴をお願いします。
インクを使うので、汚れてもよい服装でお越しください。
お申し込み方法:
メールに以下の情報を記載しinfo@umam.jp宛にお申し込みください。
件名:版画を作ろうワークショップ申し込み
本文:参加者のお名前(小学生は学年も併記)
   電話番号
先着順にて定員に達し次第締め切らせていただきます。

海の見える杜美術館
住所:広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701
電話番号:0829-56-3221
ホームページ:https://www.umam.jp/

さち

小林梨奈ロビーコンサート アコーディオンに乗って世界旅行 YouTubeにアップしました

2023年4月2日に行われた小林梨奈ロビーコンサート「アコーディオンに乗って世界旅行」をYouTubeにアップしました。

小林梨奈ロビーコンサート アコーディオンに乗って世界旅行 海の見える杜美術館

ぜひお楽しみください。

うみひこ

満開の桜とロビーコンサート

アコーディオニストの小林梨奈さんによるロビーコンサート
「アコーディオンの音色に乗って世界旅行」
4月2日(日)14:00~ 15:00~ 開催します。

杜の遊歩道のサクラの花も満開です。

心地よい春のひとときを、海の見える杜美術館でお過ごしください。

もりひこ

小林梨奈 アコーディオンコンサート!

4月2日にアコーディオン奏者の小林梨奈さんをお迎えして、コンサート
「アコーディオンの音色に乗って世界旅行」を開催いたします。
美術館のロビーに世界各地の名曲が響き渡ります。
14:00~ 15:00~ 各30分 2公演です。

開催中の展覧会は「蘇州版画の光芒 ―国際都市蘇州に華ひらいた民衆芸術-」です。
「蘇州版画」は世界の文化と交わることで豊かな表現を手に入れた芸術ですから、
このように世界の音楽が交差するコンサートとは、文化の国際交流という点において共通性があります。

小林梨奈さんの華麗な演奏、世界の音楽、そして多彩な文化に触れて心地よいひと時をお過ごしください。

#小林梨奈 #アコーディオン #ロビーコンサート #4月2日 #海の見える杜美術館

さち

うみもり香水瓶コレクション21 スキャパレリ社《太陽王》

こんにちは。今回のうみもり香水瓶コレクションは、ただいま香水瓶展示室に広告とともに出品しているスキャパレリ社の《太陽王》です。
スキャパレリ社創設者のファッション・デザイナー、エルザ・スキャパレリ(1880-1973)については、以前、このブログで同社の《ショッキング》をご紹介したときにも触れましたが、彼女は学識豊かな家庭環境で育ち、その深い教養に裏打ちされた奇想天外な発想で、当時の上流階級の女性たちがこぞって求めた、新しい女性像を提示するドレスやオブジェを作り出しました。
ファッション界で燦然と輝いたスキャパレリと、似たような個性を持つ芸術家の名を挙げるならば、それは今回の香水瓶をデザインしたサルヴァドール・ダリ(1904-1989)ではないでしょうか。彼もまたヨーロッパ伝統の教養深さを身に着けた上で、斬新奇抜な作品を次々と生み出し、時代の寵児となりました。

スキャパレリ社《太陽王》1946年頃、透明クリスタル、金、エナメル デザイン:サルヴァドール・ダリ 製造:バカラ社、海の見える杜美術館蔵。SCHIAPARELLI, LE ROY SOLEIL – 1946, Design by Salvator DALI, Made by Baccarat ©海の見える杜美術館、Umi-Mori Art Museum,Hiroshima 

 そのダリとスキャパレリの共同制作ですから、平凡であるはずがありません。ルイ14世をテーマとしたこの香水瓶は、ギリシャ神話に登場する芸術の神アポロンに自らをなぞった王にちなんで太陽王が表現されています。香水瓶の栓がその顔になっているのですが、拡大してよく見てみると……!

顔のパーツがすべて飛翔する鳥で構成されています! ダブルイメージを自在に操ったダリの絵画を思わせる表現ですね。
しかもこうして出来上がった表情は、威厳と自信に満ちた王の表情というよりも、なんだかどことなく困惑したような……といいますか、ちょっと情けないくらいのもの(正直に言ってしまって、ごめんなさい!)になっているように見えるのは私だけでしょうか。ともにパリで才能を開花させたイタリア人のスキャパレリと、スペイン人のダリは、絶対王政の頂点に君臨した過去のフランス王に対して、ピリッと辛辣なユーモアを込めて表現しているのかもしれませんね。

さて、本作品に先立つ1937年にも二人の共同制作が行われ、そこで奇妙奇天烈な帽子やドレスが生まれたことは、以前ご紹介いたしました通りです。今回の作品は、いわばその続編なのですが、この10年足らずの間に、戦争という大きな出来事がダリの制作に影を落としたことは、香水瓶の意義を考える上で重要と思えます。
まず1939年、ダリは妻ガラとともに戦況の激しくなったパリを離れ、翌年、アメリカへ移住しました。ほどなくして1941年にニューヨーク近代美術館で同じスペイン出身の画家ジョアン・ミロとともに回顧展が催され評価をされたものの、時代はあくまでも第二次世界大戦中です。加えてアメリカでは、彼らのようなシュルレアリスムの作品を理解する人々はごく一部に限られていました。そのためダリは、望むような生活を続けるのに、経済的な問題を抱えることになります。そしてひとつの解決策として、自らもその一員であった社交界の人々から注文された肖像画を、この時期は数多く描きました。
また戦争は、ダリにとっては何よりも精神的な負担が大きく、彼の絵画はその影響が色濃く出ることとなりました。例えば、この時代の代表作である、荒野に苦し気な巨大な顔が出現する《戦争の顔》(1940-41年、ボイマンス=ヒューニンゲンゲン美術館、ロッテルダム)や《夜のメカラグモ……希望!》(1940年、サルヴァドール・ダリ美術館、セント・ピーターズバーグ)を見ていると、それはダリ一人が感じた不安ではなく、同時代に生きた無数の人々が感じていた行き場のない不安が、画布から一気に押し寄せてくるように感じられます。幼少期から感受性が人一倍強かったダリが、実際の戦火から遠く離れたニューヨークの社交界にあっても、どれほどの精神的負担を感じていたかが、うかがい知れるのです。

スキャパレリ社《太陽王》と同じ頃、ダリはあのアルフレッド・ヒッチコック監督とも共同制作を行っています。映画『白い恐怖』のなかで、グレゴリー・ペック演じる記憶を失った男性主人公の夢のシーンのイメージ画を制作しています。そしてこれがまた、非常に恐ろしい場面なのです。否、全編を通じて、ヒッチコックらしい手に汗握る恐怖を充分味わわされる映画なのですが、この映画でのそれは、戦時中のダリの絵画と共通する、抑圧された環境下での不安が引き起こす恐怖なのです。その上、グレゴリー・ペックが、『ローマの休日』の快活な新聞記者とは全くの別人となって、苦悩の末の諦念に達した『渚にて』における原子力潜水艦の艦長のときのように、ここでも重く苦しい胸の内を見事に演じているおかげで、ダリが作り出した夢の場面に私はすっかり釘づけになってしまいました。

©海の見える杜美術館、Umi-Mori Art Museum, Hiroshima
現在の香水瓶展示室。ダリのデザイン画をもとに、マルセル・ヴェルテスが制作したポスターとともに12月25日まで展示しています。写真はI学芸員撮影。

さて以上のような、スキャパレリとの前回の共同制作から今回の《太陽王》までのダリの作品を踏まえて、本作品を改めて見てみると、意外なほどの明るさに驚かされます。香水瓶の胴体部分は、そのまま太陽王の胴体となっていますが、バカラ社製クリスタルの透き通った表面には、打ち寄せる無数の波形が刻まれています。これは、波間から現れるまばゆい太陽の光が表現されているのです。しかし、この清々しいまでの明るさは一体何を意味するのでしょうか?
本作品は、前述のようにルイ14世の治世へのオマージュとして制作されたと、これまでの香水瓶研究やスキャパレリ研究では解釈されているのですが、ダリ研究においては、第二次世界大戦におけるフランス解放を記念して制作されたとする説もあります。私としては、後者の説にも頷くところが多く、看過できません。
移住を余儀なくされるほど、身の置き場のない不安に苛まれる戦時を経て、ようやく迎えた終戦。このような環境の変化が、ダリの繊細な心にもたらした作用を、この香水瓶は雄弁に語っているように思えるのです。ダリが再びヨーロッパに帰国するのは、この2年後の1948年のことです。

岡村嘉子

シャレオの地下街が美術館に!

みなさまこんにちは!お知らせです。

広島市中心地の地下街・シャレオで、8月21日から11月中旬までの朝と夜、アートをお楽しみいただけます。広島県の美術館6館が連携して行う、「シャッターアート・ミュージアム~朝と夜、シャレオが美術館に~」という企画ですよ。

 

シャレオ地下街南通りのお店のシャッターを、泉美術館、ウッドワン美術館、奥田元宋・小由女美術館、広島市現代美術館、ひろしま美術館、そして当館のコレクションの画像が彩ります。お店が閉まっている間の夜8時から朝の10時まで見ることができます(店舗ごとにご覧いただける時間は少し変わる可能性があります)。

 

当館がご紹介するのは、竹内栖鳳の弟子で、女性像を得意とした三木翠山の《茗宴》(1936年)。こちらは、9月4日(土)からの展覧会「美人画ラプソディ・アンコール―妖しく・愛しく・美しく―」でも展示いたします。シャッターアートで興味を持っていただけたら、ぜひ展覧会にも足を運んでいただきたいと思っております!

20210821_084815 (2)

 

20210821_084745

(近づく途中で興奮して思わず撮ってしまった写真)

 

私は21日の朝、現地に見に行ったのですが、遠目に見てもとても華やかです!当館の左隣はウッドワン美術館さんの岸田劉生《毛糸肩掛せる麗子像》(1920)、右隣はひろしま美術館さんのフィンセント・ファン・ゴッホ《ドービニーの庭》(1890)。他にも、近代から現代美術、日本を代表する作品からヨーロッパの印象派作品まで、ラインナップは実に様々です。広島県には数々の名画、彫刻作品があるのだなと感じることができる通りになっています!

 

お店が開いていない時間も、ここを歩く方々に少し楽しい気持ちになっていただけるといいなと思っております。よろしくおねがいします!

 

森下麻衣子

アート魚ッチング展クイズ!

アート魚ッチング展の展覧会場で流れているクイズ動画が、ユーチューブで公開されています。

アート魚ッチング 海の見える杜美術館 – YouTube

その動画の中では歌川広重の伊勢海老(イセエビ)や、大野麥風の鯛(タイ)が動いています。

クイズとあわせてお楽しみください。

うみひこ

杜の遊歩道 に咲いている いろいろな花(4-5月)

駐車場から杜の遊歩道に抜けるトンネルには今、カロライナジャスミンの花、

カロライナジャスミン

カロライナジャスミン

そしてフジの花が咲いています。

フジ

フジ

沿道には ヒトツバタゴ 別名ナンジャモンジャの花も目に映ります。

ヒトツバタゴ 別名ナンジャモンジャ

ヒトツバタゴ 別名ナンジャモンジャ

 

なかには、あまり目立たない花も咲いています。

たとえば遊歩道の中ほどの、イチョウ並木の緑の葉のその根元では、イチョウの花が満開です。(これは雄花です)

イチョウ

イチョウの花(雄花)

 

イチョウ並木のすぐ横の、カシワの新芽と枯葉の更新は、今ならではの感慨深い瞬間です。

普通の木の枯れた葉は冬に落ちてしまいますが、カシワの枯葉は冬を越し、新芽が芽吹き、そして成長するまで木に留まります。まるで子供の成長を見守る親のような枯葉の姿から、子孫繁栄の縁起物として、柏餅を端午の節句で食べられるようになったともいわれています。

新芽が吹き、花が咲いて、そして立派に成長した新しい葉を見届けて、カシワの枯れ葉は今、散っています。

20210429カシワの花

カシワの新芽、花、枯葉

 

カシワの木を見上げると、はるか上空に、こいのぼりの鯉が泳いでいます。

カシワとこいのぼり

カシワとこいのぼり

美術館では5月9日まで、小松均展 開催中です。

もりひこ

二階堂美術館で竹内栖鳳の名品が公開中!

大分県の二階堂美術館で行われている『竹内栖鳳と京都画壇の画家たち』展には、竹内栖鳳の知られざる作品の数々が展示されています。。

その中に《瓜田・叢竹》六曲一双があります。

筆者は2018年「根津美術館紀要 『此君』 第10号  特集 光村コレクションの諸相」への寄稿(「光村利藻と竹内栖鳳―コレクターと画家の、ある交流の形―」)にあたり、本作品の所在を調べたのですが、つかめないままにいました。

明治の大コレクター光村利藻は、栖鳳が薄墨を何度も何度も塗り重ねて竹を描く様を不思議に見ていると、栖鳳から「これは普通の一筆に一気に描きあげた竹に比べると、手際が悪いように見えますが、画面からやや離れて熟視しますと、竹の幹のまるみが現われて絵に深みがでてきます」と説明を受け「やはり大家となる人は違うな」とつくづく感心したと述べています(増尾信之著『光村利藻伝』光村利之 1964 238頁)。なおその時に描いた絵は「六曲一双のその半双には竹林に雀の群れてさえずっている構図で、別の半双は、南京畑に何か一匹の小さな動物が畑を横切るという構図であった」(同237頁)と記録されているのです。その記録に対応する作品を探したのですが、1910年(明治43)に京都美術倶楽部で神戸某氏所蔵品として出品された屏風(明治43年4月4日「『神戸某氏所蔵品入札目録』 143番 栖鳳金地竹ニ雀 瓜ニ鼬屏風 一双」)の画像を見つけることができたものの、その実物の所在はわからないままでした。

竹内栖鳳 光村利藻

このような荒い画像では竹が「薄墨を何度も何度も塗り重ねて」描かれているのか、はっきりとはわかりません。

また、「大体南瓜畑は描き終わって、その小動物も地塗りをして、絵の具の乾くのを待っていた。栖鳳が絵を描いているあいだ、豆千代(栖鳳が絵を描いていた光村利藻の別荘に招かれていた芸妓)が後ろに座って団扇で風を送っていた。栖鳳は突然豆千代に「これは何に見えますか」と質問した。豆千代は、かたちは「いたち」に似ているが「いたち」は肉食動物だから畑は荒らさない、「貂」は南瓜や柿などを好むというし「南瓜に貂」という画題も見たことがある。「これは貂ではございませんでしょうか」と答えたところ、栖鳳が頻りに褒め上げた(同238頁)」という逸話が残っています。が、これについても何の小動物であるかを見極めることができなかったのです。

竹内栖鳳 瓜田(六曲一双)右-2 二階堂美術館蔵

竹内栖鳳 叢竹(六曲一双)左-2 二階堂美術館蔵

竹内栖鳳 《瓜田・叢竹》六曲一双 二階堂美術館蔵

このたび、二階堂美術館さまが当館のインスタグラムに「いいね」をしてくださったご縁で、筆者は二階堂美術館さまのインスタグラム、そしてホームページで本作品が公開されていることを知りご連絡差し上げたところ、館長代理 佐藤直司さま、学芸部長 古賀道夫さま、学芸員 工藤美貴代さまほかスタッフのみなさまにご対応いただき、ブログにカラーで写真を掲載させていただくことができました。ご多用のなか、ご配慮いただきましたことに厚く感謝申し上げます。

展覧会には《熱帯風光》二曲一隻ほか多くの名品が出品されているようです。

実は私もまだ訪問できていないのですが、この機会にぜひ実物を直接目にしたいものです。

コレクション展4
『竹内栖鳳と京都画壇の画家たち』
会 期 / 令和3年2月10日(水)~4月11日(日)
会 場 / 公益財団法人二階堂美術館
主 催 / 公益財団法人二階堂美術館
後 援 / 大分合同新聞社

青木隆幸