美術館から眺める夜景

展示替などで夜遅くなった時、美術館から眺める光景に癒されることがあります。

20200608宮島夜景 (12)-2
広島の街の光に囲まれる黄金山

20200608宮島夜景 (10)-2
夜も眠らない大竹方面の工場群

20200608宮島夜景 (15)-2
宮島口駅周辺と宮島

20200721宮島夜景 (8)
そして厳島神社

厳島神社の大鳥居は修復中なので網に囲まれていますが、夜はシルエットが浮かび上がっています。

うみひこ

木々に咲く小さな花々

6月20日から「EDO ↔ TOKYO ―版画首都百景―」展が始まりました。

駐車場から美術館までの道すがら、

今の季節は、多くの木々が小さなかわいらしい花を咲かせています。

ここにご紹介する花々は、いずれも江戸時代の日本でも見ることができました。

展覧会と合わせて、ぜひお楽しみください。

追伸 春先に花が咲いて、今は実を生らせている木もあります。

ネズミモチ(鼠黐)の花

ネズミモチ(鼠黐)の花

 

 

 

 

 

 

 

ナンテン(南天)の花

ナンテン(南天)の花

 

ムラサキシキブ(紫式部)の花

ムラサキシキブ(紫式部)の花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツメ(棗)の花

そして

ヤマモモ(山桃)の実

ヤマモモ(山桃)の実

 

 

 

 

 

 

 

もりひこ

トベラ(扉)の香り

春季特別展「美人画ラプソディー 近代の女性表現」5月31日まで

 

20200524トベラ(扉)の花 (6)
駐車場からの美術館までの沿道で、トベラの花が満開になっています。

20200524トベラ(扉)の花 (1)
感染対策のために、場内のシャトルは窓をすこし開けて走っているので

20200524トベラ(扉)の花 (4)
トベラの花の甘い香りが、車中まで届くかもしれません。

 

もりひこ

桜の花 ショウゲツ(松月)とウコン(鬱金)が満開です

杜の遊歩道のサクラの花は今、ショウゲツとウコンが満開です。

20200423ショウゲツ
ショウゲツ(松月)

20200423ショウゲツとウコン
左がウコン(鬱金)、右がショウゲツ(松月)

20200423ウコン
ウコンは数百品種あるサクラのうちでただひとつ、
黄色の花を咲かせるサクラといわれているそうです。

このほかカンザン(関山)やフゲンゾウ(普賢象)など八重咲のサクラが咲いています。

来年の春には、ぜひ直接ご覧いただきたいです。

もりひこ

サクラ(桜) と ミモザ(アカシア) と ミツバツツジ(三葉躑躅)

2020年4月8日(金)の杜の遊歩道です

20200408撮影 サクラ (2)
ソメイヨシノが散り始め、シダレザクラがもうすぐ満開です

20200408撮影 サクラ (1)
いつもシャトルが通る道にはサクラの花びらが舞っていました


ツバキの小道には途切れることなく桜の花びらが降り注いでいました

20200408撮影 ミモザとサクラ
ミモザの花がサクラと競うように広がっていました

20200408撮影ミツバツツジ
ミツバツツジの花がそこかしこに咲いています

来年の春、ぜひお越しください

お待ちしています

もりひこ

モミジイチゴの花

久しぶりに、初めて紹介する花を発見しました

20200328モミジイチゴの花4

モミジイチゴ(紅葉苺)の花です

20200328モミジイチゴの花3

場内シャトルの沿道のはるか高いところに咲いていました

20200328モミジイチゴの花2

すぐ横の川の中にも咲いていました

20200328モミジイチゴの花

モミジイチゴの花は下向きに咲きます

 

もりひこ

 

ギオンシダレザクラ(祇園枝垂桜「一重白彼岸枝垂桜」)の花がほぼ満開です!

駐車場から厳島を眺めると、大きな桜の木が見えます

20200327ギオンシダレザクラがほぼ満開です!3

ギオンシダレザクラです。見ごろを迎えています

20200327ギオンシダレザクラがほぼ満開です!2

近くから見あげると見事な枝ぶりです

20200327ギオンシダレザクラがほぼ満開です!

今はまだ整備中のため、近くは立ち入り禁止です・・・

もりひこ